納骨堂とは何か

納骨堂とは。遺影や遺骨をおさめる。

納骨堂とは。遺影や遺骨をおさめる。

最近では、お墓の必要性を感じない若い世代の方々や、お墓の維持費が払えないといった方々が納骨堂を利用する傾向にあります。
納骨堂とは、室内に個人または家族でお骨をおさめることができるお墓です。
納骨堂によって形式は様々です。
一般的なのは、ロッカー形式のもの、納骨堂のなかに小さな墓石をおく、所謂室内墓所と呼ばれるもの、さらには、上段に仏壇を置き、そこに位牌や遺影を置き、下段には遺骨を置けるようにスペースが設けられている納骨壇などを設置しているところもあります。
それぞれ当然利用料が変わってくるので、利用者が自分に合った利用法を選ぶことができます。
最近では、自宅に仏壇や遺影を置かないご家庭も増えて来ましたが、こうした施設に納骨することで、遠方までのお墓参りに手間が省けること、墓地の清掃や手入れを定期的に行わなくてよいこと、近い場所なので、頻繁にお参りに行けることなど、メリットが注目され、人気を集めています。

遠方のお墓よりも納骨堂を選ぶ

少子化や核家族化に伴い、従来のお墓に対する考え方が近年、変わってきました。
先祖代々のお墓が遠方にある場合、または、子供がない、生涯独身を理由に、将来的にお墓を守っていくということが出来ない状況になる人が少なくなくなってきたからです。
誰しもいつかは人生を終えるわけで、自分が亡くなった後のことを考えるとやはりお墓は必要になってきます。
しかし、先祖代々の墓が遠方の場合、新たに墓を買うよりは納骨堂に収めて永代供養してもらいたいという人が増えてきています。
また、子供がない人や結婚を選択しない人は跡継ぎがなく、自分が亡くなった後、墓を守ってくれる人はいないことになります。
そういう人たちにも、お墓のかわりに納骨堂に遺骨を安置してもらうことを望まれようになってきました。
納骨堂の場合、遺骨が個別に安置されることが多く、ロッカー式、仏壇式など、納骨の仕方はさまざまです。
これらは生前に予約が出来ます。
維持費が掛かる場合もありますので、事前に問い合わせが必要です。

新着情報

◎2017/9/7

納骨堂とは。遺影や遺骨をおさめる。
の情報を更新しました。

◎2017/8/1

サイトを公開しました

「遺影」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@Taisa_Is_Dead 遺影みたいだよw

遺影なんかよりこのゴチャついた詰め合わせ見て

万が一の時のために ロビンの遺影を描いておいてやろう。

深夜にマグロの遺影が動き出して死ね() #理不尽

Twitterマジキチ食べ物軍団bot@mjkctbmngndnbot

返信 リツイート 37分前

トート:免許を更新したら、指名手配犯から遺影に進化した

Twitterエリザベートコピペbot@Elisbeth_kopipe

返信 リツイート 38分前

返信先:@k_hxdx やった!!その写真遺影につかいます😉

RT @TkA_ic: 遺影ッッッ pic.twitter.com/132wn8ea6R

Twitterおじと炒飯×5@purayadayo

返信 リツイート 6:05

土器 土器 遺影

朝帰り〜魚魚魚魚家家家遺影

小学生は最高だぜ!遺影#rokyubu

Twitterプラレール師匠bot@purashisyou_bot

返信 リツイート 5:55