納骨堂とは何か

個人や家族の納骨堂について

個人や家族の納骨堂について

納骨堂は土地や墓石を購入する必要がありませんので、費用が大きく抑えられる特徴があります。
しかし一人用のタイプから家族用のタイプ、など様々になっていますので納骨に必要な価格も幅が広くなっています。
一般的な相場は一人用タイプが約50万円と言われており、家族用になると約100万円が目安となっています。
特に家族用の納骨堂を希望する場合は、将来の家族構成をよく考えて選ぶ事が必要となります。
費用には永代使用料や永代管理料、永代使用料、開眼法要料、納骨費用、遺骨引き取り料などが含まれており、その他に約5000円から10000円の年間管理料が必要となります。
寺院によって遺骨の安置される永代使用料の期間が17回忌まで33回忌までと期間を定めているケースがあり、その後は他の遺骨と合祀という事になりますので注意が必要になります。
合祀を希望されない場合は、納得がいくお墓を選ぶ事が必要で、合祀をしない施設や寺院を探すことも大事です。

親戚がいなくても納骨堂に入れる

最近は社会環境の変化や少子高齢化の影響で、お墓を継承する人がいなくなったり、遠方に住んでいたりしてお墓を維持する事が出来なくなり、納骨堂に遺骨を納骨する人が増えています。
お墓は、管理する人が必要ですが、納骨堂なら子供や親戚がいなくても、お寺や管理団体が管理を行ってくれますから、草抜きやお墓の掃除などが必要ありませんし、たとえ子供や親戚がいても迷惑を掛けずに済みます。
また、供養も行ってくれますので、安心して任せる事が出来ます。
納骨堂は、屋内にあり冷暖房完備になっていますから、お墓参りの時も快適にお参りが出来ますし、天候に左右される事無くお墓参りが出来ますし、立地の良い場所にある場合が多いので、お墓参りに行く時に利便性が良いです。
費用の面でも、お墓を建てると高額な費用が掛かりますが、納骨堂の方が費用を安く抑える事が出来ますし、無宗派で入れる所が多いので、檀家になる必要がありません。
少子高齢化が進む現在これから、この納骨方法は増えてくるはずです。

新着情報

◎2017/9/7

納骨堂とは。遺影や遺骨をおさめる。
の情報を更新しました。

◎2017/8/1

サイトを公開しました

「墓石」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@Harima7946 埋め込まれたい、埋めてもらってそこに墓石立ててもらいたい。永久に埋まらせてくれ。

ジャン:ベルトルトから「告白して性交した!」っていうメールが来たから「こいつ成功を性交と間違えたなアホだな」と思い自然に気づかせるために「何回やった?」って返信したら「4回」って返ってきたので今そいつの墓石の予約手続きで忙しい。ちなみに相手はユミル。ブスに先越された。

Twitterベルユミでコピペbot@beruyumi_bot

返信 リツイート 5分前

業界用語だから面白いが、知らない人がいたら、墓石!!??てなるよね

有限会社 昆石材店 納骨のお手伝い - ふわふわ日記 blog.livedoor.jp/ishiyakon/arch… #岩手県 #石材店 #お墓 #墓石

Twitterファイブストーン@5stonegroup

返信 リツイート 29分前

タチサレお化けキターーーーーーー!!!そして安定の可愛いライバル君 タチサレお化け顔違うな… ていうかこのお化けタワーを徘徊してて、墓石すり抜けてこっち来るんよ、エンカウントしたらタチサレして一階に戻された pic.twitter.com/HBtyJTiyjb

Twitter超高校級のサブ垢@yuruever321

返信 リツイート 41分前

エリック・カントナ「俺の墓石には、どんな言葉も刻んで欲しくない。まっさらな石のままでいい。俺という人間をいつまでも大きな謎につつ でおきたいんだ」

Twitterアップルパイナポー@applepainapo_

返信 リツイート 5:24

賽の河原で 踊りまくる亡霊 地獄の沙汰でナイトフィーバー あ、北斎 魑魅魍魎は 正に全身全霊 ええじゃないか ええじゃないか 絵じゃないか 【墓石フィーバー/THE BACK HORN】

昆石材店 「南部型石塔って?」 - 昆石材店のふわふわ日記 blog.livedoor.jp/ishiyakon/arch… #岩手県 #石材店 #お墓 #墓石

Twitterファイブストーン@5stonegroup

返信 リツイート 5:00

エリック・カントナ「俺の墓石には、どんな言葉も刻んで欲しくない。まっさらな石のままでいい。俺という人間をいつまでも大きな謎につつ でおきたいんだ」

Twitterピースマン@heiwa__

返信 リツイート 4:54

雨が降り出したんだ。それには参ったよ。アリーの嘘くさい墓石にも雨が降っていたし、彼のおなかの上に生えている草にも雨が降っていた。そこいらじゅうに雨が降っていた。墓参りに来てた人たちはみんなあわてて自分の車の方に走っていった。そういうのってないだろうと、僕はつくづく思うんだよ。