納骨堂とは何か

納骨堂のお墓の相違点

納骨堂のお墓の相違点

日本では、埋葬について定めた法律があり、墓地以外の所に遺骨を埋めたりすると違法となります。
そのため、それぞれの家が墓地にお墓を建てて、子孫が受け継ぐというやり方が一般的でした。
しかし、最近は納骨堂を利用する人も増えてきました。
これは、遺骨の管理を引き受けてくれる施設で、寺院や霊園などが運営しています。
両者には、いくつかの相違点があります。
まず納骨堂では、遺骨を埋めたりしません。
個別のスペースが決まっており、そこに骨壺を預けるという形になります。
金額は、大半がお墓よりも安く済みます。
墓石代・土地代・工事費などがかからないからです。
次に、立地。
お墓は、たいてい郊外の広い土地に建てられますが、納骨堂はビルなどの屋内にあります。
冷暖房完備・バリアフリーなどの点を売りにしている所もあります。
メンテナンスについても、前者は除草や墓石をクリーニングしたりしなければならないのに対し、後者は運営側がすべて行ってくれます。

遺骨を納骨堂に移動させる時の注意点

お墓が遠く管理や後継者がいない人が増え、納骨堂へ遺骨の移動をする人が増えています。
遺骨を移動させる場合には、改葬という事になり、お墓のある場所の役所で改葬許可書を発行してもらう必要があります。
その改葬許可書を移動先に提出しなければいけません。
改葬教科書を発行してもらわず、遺骨を勝手に動かしてしまうと法律違反になってしまうのでその点は注意が必要です。
改葬を考える理由は、ひとそれぞれ違いますが、核家族化が進みお墓を維持するのが難しくなっているのが、一番の要因です。
納骨堂なら、管理が入らず残された子供に迷惑を掛ける事もありません。
また納骨堂は、交通の便の良い場所にあるので、お墓参りに行く際も利便性が良く、室内にあるので天候や季節に左右される事無くお墓参りが出来ます。
費用面でもお墓より、費用を安く抑える事が出来るので、残された家族の経済的な負担も軽減出来る事から納骨堂にする人が、増えているのです。

新着情報

◎2017/9/7

納骨堂とは。遺影や遺骨をおさめる。
の情報を更新しました。

◎2017/8/1

サイトを公開しました

「埋葬」
に関連するツイート
Twitter

16時ですYou are 埋葬 葬 いつもすぐ葬場に ある ∧ ∧   (՞ةڼ◔)  _   / つ=O===|__)ミ∵   し―‐J  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l:;:::; Ⅰ ̄        | @__Netu_ │

玉々:You're埋葬w葬wいつも 小笠原:すぐw葬場wにあるw 玉々:ゆずーれーなーいよw誰も釈迦信じないw 小笠原:お寺中のwハゲをw集めてw 玉々:掘り起こせw 小笠原・玉々:魂wwww魂www……はいどうぞ! 日蓮寺:………憑依

早すぎた埋葬!!

Twitterクロイドル@Tiamat@penalty_crime

返信 リツイート 1分前

暑すぎた埋葬

Twitterボールペン(ぢ)@黒騎士@sirodorapo

返信 リツイート 4分前

NEXUSのリーダーにフォロバされて歓喜して埋葬された┏┛墓┗┓

Twitter最弱惨敗の切り替え男@fury_hunterZ

返信 リツイート 7分前

おろかな埋葬先輩とディープ・ダイバー先輩…本ッ当にすいません(ゲス顔)

Twitterウザいチェインbot@TUEEEEE_bot

返信 リツイート 7分前

sinさんが本格的に火葬された後に埋葬されそう

死体運びの話してたけど先日びるだーでは戦死した人のために棺桶と墓作って埋葬したよ

Twitter野良シュレッダー@kag_ff14

返信 リツイート 15分前

埋葬、嘆き、マサイetcがそのまま☆7or4or2になるとか胸熱

当然、私は発動を選びます。聖蔓の埋葬(サンヴァイン・ベリアル)!