納骨堂とは何か

納骨堂のお墓の相違点

納骨堂のお墓の相違点

日本では、埋葬について定めた法律があり、墓地以外の所に遺骨を埋めたりすると違法となります。
そのため、それぞれの家が墓地にお墓を建てて、子孫が受け継ぐというやり方が一般的でした。
しかし、最近は納骨堂を利用する人も増えてきました。
これは、遺骨の管理を引き受けてくれる施設で、寺院や霊園などが運営しています。
両者には、いくつかの相違点があります。
まず納骨堂では、遺骨を埋めたりしません。
個別のスペースが決まっており、そこに骨壺を預けるという形になります。
金額は、大半がお墓よりも安く済みます。
墓石代・土地代・工事費などがかからないからです。
次に、立地。
お墓は、たいてい郊外の広い土地に建てられますが、納骨堂はビルなどの屋内にあります。
冷暖房完備・バリアフリーなどの点を売りにしている所もあります。
メンテナンスについても、前者は除草や墓石をクリーニングしたりしなければならないのに対し、後者は運営側がすべて行ってくれます。

遺骨を納骨堂に移動させる時の注意点

お墓が遠く管理や後継者がいない人が増え、納骨堂へ遺骨の移動をする人が増えています。
遺骨を移動させる場合には、改葬という事になり、お墓のある場所の役所で改葬許可書を発行してもらう必要があります。
その改葬許可書を移動先に提出しなければいけません。
改葬教科書を発行してもらわず、遺骨を勝手に動かしてしまうと法律違反になってしまうのでその点は注意が必要です。
改葬を考える理由は、ひとそれぞれ違いますが、核家族化が進みお墓を維持するのが難しくなっているのが、一番の要因です。
納骨堂なら、管理が入らず残された子供に迷惑を掛ける事もありません。
また納骨堂は、交通の便の良い場所にあるので、お墓参りに行く際も利便性が良く、室内にあるので天候や季節に左右される事無くお墓参りが出来ます。
費用面でもお墓より、費用を安く抑える事が出来るので、残された家族の経済的な負担も軽減出来る事から納骨堂にする人が、増えているのです。

新着情報

◎2017/9/7

納骨堂とは。遺影や遺骨をおさめる。
の情報を更新しました。

◎2017/8/1

サイトを公開しました

「埋葬」
に関連するツイート
Twitter

生きたまま埋葬されるの誰だって怖くない?

南野:ふと幼い頃、お歳暮か何かで活きた蟹が届いて、それを親が茹でて食卓に出したのを僕と妹が酷く泣き喚くものだから、結局は食べずに近所の公園に埋葬したのを思い出した。今になってみると食うべきだった。あれでは蟹は無駄死にである。

愛犬が1匹虹の橋を渡りました 初めて買った子で顔は大きいけど可愛かった。 明日埋葬します。

返信先:@UEDAnoTAKAYA 棺の中に残るのは草花だけ...埋葬した墓の周りにはそれはそれは美しい花が咲いた...相手はそれを見ながら美しいと取るか残酷と取るか...🤔

返信先:@soumaru_0209 埋葬まるwww

4時ですYou are 埋葬 葬 いつもすぐ葬場に ある ∧ ∧   (՞ةڼ◔)  _   / つ=O===|__)ミ∵   し―‐J  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l:;:::; Ⅰ ̄        | @__Netu_ │

埋葬者と騎士だったような

新弟子埋葬したら死んでしまいそう

Twitterオヤジギャグbot@oyzinokokoro

返信 リツイート 3:45

「カタコーム」/パリ(The Catacombs, Paris) パリシタンカタコームと呼ばれる納骨所であり共同墓所。町の中心街の真下に位置し、およそ6万の死体が埋葬されている。 pic.twitter.com/xyrPVpq23u

Twitterファンタジー世界旅行@Fantasysekaipic

返信 リツイート 3:36

あなたの眠り呼び覚ます 歌を知らぬ事が幸せだ 人は死神と共に在ることなど 忘れればいい(埋葬の森の黄昏坂)

Twitterアリプロ@好事家ボット@kouzukabot

返信 リツイート 3:33